シミウスジェル

要注意!乾燥肌とシミの奥深い関係とは?

シミと乾燥の関係

乾燥肌とシミの関係は密接

乾燥肌に悩む人やシミが出来やすいと対策に苦慮する人など、肌に関する悩みをもつ女性は多くいるものです。一見、乾燥肌とシミはまったく別の悩みのように思えますが、実はできる原因に乾燥肌が深く関係しています。

シミは、紫外線によりメラニン色素が増大し皮膚の中に沈着してできたり、加齢やストレス・睡眠不足、ホルモンバランスの異常などのさまざまな原因で出来てしまいます。

しかし、同じ環境や状況にいても、シミができる人とできない人に分かれます。肌が潤っていてターンオーバーが活発な肌の人は、肌細胞が活発に生成されるため、メラニンも古い角質と一緒に剥がれますので、できないのです。
反対に肌が乾燥して潤いがない人は、角質層が硬く厚くなり、古い細胞が肌の表面に残り、肌の奥ではメラニンが増大します。肌が乾燥している状態で、肌細胞の生成に必要なコラーゲンなどが不足しますと、肌のターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が肌に残りやすくなってシミの原因になるのです。

できる最大の原因は、誰もが知る紫外線ですが、その次に気をつけなければいけないのが肌の乾燥なのです。

年齢が上がると乾燥しやすくなる

年齢が上がるほど肌のターンオーバーは遅くなり肌が乾燥し、気をつけていてもできてしまうものです。
誰でも体の代謝は、20歳前後をピークに徐々に落ちていきますので、ターンオーバーが遅くなるのは避けられません。それでも、肌を保湿して角質層のキメを整えることで、ターンオーバーも促進され、それによってできにくくなります。

レーザー治療より保湿系のジェルがおすすめ。

最近レーザー治療などで取る人が増えていますが、肌が乾燥したままでは治療してもまた現れてきます。できないための根本的改善をしなければ、意味がありません。

40代を過ぎると、肌の乾燥が急激に進みますので、保湿をしっかりして、肌トラブルを防ぐことが大事です。
肌の乾燥を防ぎながらシミ対策にお勧めなスキンケアは、美白成分を含んだ化粧水や美容液を使うことです。とくに、美白効果が高いビタミンCやハイドロキノン成分が含まれている保湿剤を使うのがいいでしょう。美白成分を効果的にするためにも、肌が乾燥していては意味がありませんので、肌全体が潤おうように毎日のスキンケアが大切です。

当サイトでは「シミウス ホワイトニングリフトケアジェル」というシミへの評判が良いジェルを検証しています。こちらはオールインワンジェルで保湿に対してもS級の評価を持っているので、是非一度ご覧になってださい。

洗顔フォームをよく泡立てて優しく洗い、ぬるま湯で丁寧にゆすいだ後は、肌が柔らかくなっており水分が浸透しやすい状態ですので、肌の保湿には最適なときです。保湿力の高い化粧水をしっかり手のひらで温めてから、ゆっくり肌に馴染ませるようにつけることが大事です。そして、美容液とクリームも肌の奥に染み込むように、丁寧につけることです。